パンフレット料金の見積もり構成

パンフレット料金の見積もり構成ってどうなっているの?

パンフレットをデザインしてもらうための料金は大きく3つに分かれています。
非常にシンプルでわかりやすく書かれていますが、大きくは次の3点です。

 

1.ディレクション料
2.デザイン料
3.ページ構成料、原稿料

 

ちなみにこのサイトのパンフレット作成の仕組みは面白いです。
ディレクターと打ち合わせをした上で、実際のデザイン作成はこの会社に登録する100人以上のデザイナーにコンペ形式で作成依頼をかけるという仕組みです。
デザイン制作の流れとクライアントニーズをよく理解した上で、サービスを組み立ててると思います。

 

 

 

 

 

 

パンフレットの見積もり「3本柱」はコレだ!

 

ディレクション料

 

構成および原稿料

 

パンフレットデザイン料

 

 

パンフレット作成の大きな構成要素はこの3点。
おおよそどのデザイン会社でもこの3点を見積の大きな骨格にしています。
見積の3本柱ですね。

 

 

それぞれを簡単に説明すると、

 

ディレクション料(進行管理費)

→営業マンがクライアントとデザイナーとの間に立って進行管理を行うための費用。デザイン会社の多くは全体の20%という設定が多いです。

 

構成および原稿料
→パンフレットをデザインする際にはいきなりデザインできないですよね。
こんなものを作成しましょうかというクライアントとの意思疎通が必要です。そのときに必要なものが構成案(台割ともいいます)です。おおよそこのページにはこんな内容が記載されますよという指示が書き込まれています。もっとわかりやすい会社は原稿まで作成してくれて、原稿も含めた台割を作成する会社もあります。

 

デザイン料
名前の通りデザインにかかる料金ですね。
ディレクター作成した台割をもとに、パンフレットデザインを作成していきます。

 

 

以上3つの要素がデザイン制作会社が見積もりに盛り込む3本柱です。
名前は会社によって異なりますが、こんも3つの要素を覚えておけば「ああ、これはこういう作業にかかる料金だな」ということがわかります。

 

 

実際にはもう少し細かく分けている会社がほとんどですね。
次のページではもう少し細かく見て行きましょう。